痴漢被害者救済!弁護士ブログ

夏に痴漢が増えるのはなぜ?

田舎

日本の夏は非常に開放的になり、女性の服装も非常に薄くなりますので一般的には痴漢が多くなる時期だと認識されています。もちろん、これは夏場が最も痴漢に走りやすい精神状態に陥ることも大きな要因ですが、これが地方になりますとまた他の要因があるとされるのです。

地方でも農村地域などに成りますと、夜間の人が少ない、人通りが少ない、街灯が少ないなど、若い女性が痴漢に巻き込まれる可能性が捨てきれません。都会は逆に人が多すぎて、満員電車の中で体を密着させられたりなどの原因があるのです。

地方と都会の痴漢の理由

この影響もあって、弁護士に依れば地方になりますと人の目に触れないという問題もあり痴漢が発生しやすいという現実もあるようです。。もちろん、すべてのそれ以外にも地方でおきる痴漢の要因はあるでしょう。地方の警察などはこのような地方の習慣(お祭り等)などに大きく注意を払って犯人捜しを行うこともあるでしょう。

特に地方でも田舎の場合ですと戸締りを全くしないところも多いので、夜間における痴漢や下着泥棒などの事件が夏場は特に頻発することで知られています。都会になりますと、不特定多数を狙った見知らぬ者の痴漢などが多くなるのでしょうが、このような田舎になりますと痴漢も顔見知りであることも極めて多くなっているのです。これにより、都会と地方では痴漢などが発生する事情が若干異なることも否定できません。